連帯保証人にかかる責任について

賃貸契約を結ぶためには連帯保証人が必要となることは常識です。家賃が支払うことができない状況になった時にどこから家賃をもらえばいいのかとなると、変わりにお金を払えるところしかありません。連帯保証人は家賃を払うことのできない借主に代わって家賃を支払う能力がないといけないのです。家賃支払いの不安を取り除くために賃貸契約の際には連帯保証人制度が必要になっています。

連帯保証人というものはただの保証人とは違い背負う責任が違います。もしも借主に代わって家賃の支払いを要求されたときに連帯保証人に断る選択肢は用意されていません。強制的に支払わないといけないのです。ただの保証人なら借主に払わせるように言って自分は支払を拒否することはできますが、連帯保証人にはそれができないのです。連帯保証人を選ぶときにはこういった責任を背負えるような人でないといけないのです。

連帯保証人に選ぶとするならやっぱり両親のうちのどちらかになるでしょう。ただあまり家賃の支払いを滞らせて連帯保証人にばかり負担をかけてしまうと自分自身の信用問題にも関わります。連帯保証人の力を借りずに家賃を支払っていけるように生活を考えていくことが一番大事なことになります。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Engine: WordPress, Design: Kwatery Prywatne.